脱毛ができない場所

Iラインの粘膜部分

VIOの中でもiラインにある粘膜の内側は照射できない部分だと思われる方もいらっしゃるようです。
実際、エステやクリニックに行くとそこは照射できないことを告げられる場合もあるようですね。
粘膜部分にも光脱毛の光を照射するのがNGです、どうしてかというと、粘膜部分が柔らかくてデリケートだからだと考えられます。人それぞれですが、粘膜部分は色素が濃いケースが大半なので、脱毛での熱で火傷の可能性があることも背景としてあるのではないでしょうか。
粘膜が近接していることから脱毛できないことが想定できるのはIOラインになります、脱毛サロンやクリニックごとで、粘膜スレスレまで脱毛して貰えたり、粘膜箇所も処理してもらえるところもあります。
IOラインの脱毛範囲はしっかりとチェックしておけば賢明でしょう。

 

脱毛しない部分

VIOの脱毛をしたい女性は、全部すべてキレイにしてしまいたいと考えている方が多いようですので、ちょっともしそれができなければちょっとがっかりですよね。
設備や技術もエステよりはしっかりとしている美容外科であってもそういった実情があるようです。

 

何回か通ってみるとわかるのですが、その日の担当者によって照射する部分が微妙に違っているんです。
粘膜部分もきちんと丁寧に照射してくれるスタッフもいれば、ほとんどやってくれない方もいるのです。
これは施術してくれるスタッフや看護師さんの技術の差なのでしょうか。
人によっては技術が未熟なために照射漏れなんかもあったりして、上手く粘膜部分まで光を当てていないのかもしれませんね。

 

VIO脱毛ができない

でも、照射できないの必ず粘膜付近には少し毛が残ってしまうの仕方がないと妥協するしかないのでしょうか。
Iラインに少しでも毛が残ってしまうのにはとても抵抗があるかもしれませんね。
実際にクリニックで脱毛している人は、きちんと粘膜の箇所も薄くなってきてキレイになっているという人もたくさんいます。

 

その他

脱毛できる箇所とできない箇所は、福岡にあるそれぞれのサロンやクリニックによって多少の違いがあるようです。
福岡で人気のサロン中で、ミュゼプラチナムでは、鼻下・あご周り以外のお顔、髪の毛、のどぼとけ、乳りん、粘膜部位は脱毛ができない箇所として掲示されています。
体の決まった部分だけではなく、例えば日焼けをしているところやタトゥー、アートメイク、整形手術をしている場所もNGになります。
色素沈着、傷や炎症がある場合、アトピー性皮膚炎なども脱毛ができないことがあります。
小さな傷であれば保護シールを貼ってから脱毛施術を行うことができます。
照射できない箇所

 

アトピーや乾燥肌の人の脱毛

アトピーや乾燥肌の人であっても脱毛が受けられるケースがあります。
お肌が乾燥していると、どうしても痒みなどの肌の不具合が発生してしまう可能性が高くなりますので、脱毛サロンに行く前にはできる限りしっかりとした保湿をするように注意しましょう。

 

ほくろやシミ

肌にホクロやシミがあるところは脱毛はNGになっています。
脱毛機はメラニンに反応するようになっているので、ホクロやシミにも反応してしまう危険があるのでその部分は保護シール貼ってレーザーに反応しないようにしながら脱毛をしていくことになります。

 

生理の時

生理の時には基本的にVIOの脱毛をすることはできません。
また、福岡にあるサロンや美容クリニックでもVIOはもとよりその他の部位の脱毛を断られるケースがあります。

 

これは次の理由によるものです。
生理の時にはホルモンバランスが不安定になっている状態ですから、施術を行ったとしても本来の脱毛効果が得られない場合が予想されます。それだけでなく痛みを通常より感じてしまったり、加えて肌トラブルも起きやすくなってしまうのです。
そのようにいくつかのリスクを考慮して生理中は脱毛施術を控えている福岡のお店があるようですね。

 

関連ページ

脱毛の施術を受ける前の注意点
福岡のサロンやクリニックでは脱毛のお手入れが出来ないことがあります。それは色々なケースが考えられますが、どんな場合脱毛ができないのかを知っておけば、知らずに行ってカウンセリングを受けて初めてできないことを知った…、なんていうことを防止することができます。
敏感肌の人の脱毛
敏感肌の人の場合は、自分はエステで脱毛処理ができないと思っている人も多いようです。でも必ずしもそうではないのです。敏感肌の人がサロンで脱毛するときの注意点は何か。